ブログ
4月23日素材情報!2

imageいよいよといった季節に今年、数少ない「活鳥貝」が本領発揮です。
身の分厚さから大きさまで申し分なし!
お客様喜ぶだろうな~。
話は変わりますが、今日ふらっと昼前ぐらいに15年来お世話になっている市場内の魚屋さんに行ったんです。特別買うつもりもなく「なにがあるかな~」と思い。
で、見るからに欲しくなる「鳥貝」があった。
一目惚れでした….
「いいね~、頂戴!。全部!」
勝手に声が弾んで出ました。
すると、市場の方が….
「やっと買ってくれた~」と….
「誰も買わなかったの?」と
聞くと「うん」と苦笑い。
「値は聞いてくんだけど皆
そのまま素通り….」って。
魚屋さんは笑っていた。
それでも売れなかったとは嘘じゃないかと思ってる僕がいる。
「そんなわけないだろ」って。
でも、もし本当なら悲しい事情だ。
良いものは朝からこぞって取り合いになるもの。
皆、自分の店には良いものを置きたいはず。
お客様に堂々と自慢気におすすめしたいはずだ。
何故、またがれてしまったのか….
この魚屋さんには朝5時頃から
いろんな鮨屋をはじめ、割烹屋、和食屋さんも来る。
見たら良いか悪いかは、すぐわかるぐらいの代物だ。
魚屋さんは夜中からセリに出て
必死に仕入れをする。
我先に良いものを揃え、対面に並べ、活かすものは大事に生かし、僕らのような職人から一般様のお客様を待つ。
もちろん、あてが外れる事もあるだろう
しかし、消費者の顔を思い浮かべ好みの物、旬の物を揃えてくる。
確かに良いものは高価だ。値が張る。
しかし、その品を活かして商売するわけだから僕らのような店主職人はチャラであっても損はしない。基本儲かるはず。
でも買わない….食べるお客がいない(なにを根拠にきめつけるのか?自分の店のお客様を馬鹿にしてるのか?人のせい?)高い、儲からない、原価が….(目先の儲け)
それにちなみ魚屋さんは「この○○良いけど高いな~、買う人いないでな~」何て言いながら魚屋さんも仕入れなくなる….
魚屋さんによってはこちらが注文していても「高くて申し訳ないから買わなかった」なんて魚屋さんもいる。
愚痴っぽくなりましたが悪循環です。
かなり悪循環です。
魚屋さんが拗ねてます。
勿論皆がそうではないでしょうが
7割は安ければ買う、高ければかわない。ひどい人は注文して買わしておいて値段を聞いてやめる人も….
そんな魚屋さんの愚痴をよく聞く。酷い話だ。
お客様におもっいっきり見栄張って少々無理してでも良いもの買いましょう。(外食とは…元々贅沢なもの。贅沢ならではのもの食べて楽しんでいただきましよう!)

必ずお客様の「次」につながる。
「また行く!」につながる。
魚屋さんに苦情ばかり言うのではなく
「良かったよ!○○!」と言うようにしよう!
魚屋さんがプロの本領発揮してくれる。ドヤ顔が見れる(笑)
私達の顔を思い浮かべ良い素材をセリ落としてくれる!
目先じゃなく、今じゃなく、もう少し先を見よう!今の無理や見栄や想いは「お金じゃない利益、信用の利益」「本物の利益」「将来の店」につながるから!

間違えてない無理や見栄は必ず先につながるから!必ず!

てな感じではありますがいつも僕は
心の中で唱えてます笑
「自分の店」とは…
いずれ今、大事にしている周りの人達が自分が
笑顔になれる原点「城」になるんじゃないかな。
ちがうかな….笑