ブログ
5月12日素材情報!2

imageimageimage

 

当店の素材達をお世話してくれている業者様。
やはり皆さん「本物」でした。
確信した。
漁師さんと会話した。一緒に飯食った。
素材にかけるプライドは仕事の域を
越えて純粋な遊びにも見える程楽しんでます。
とにかく「喰う!」
「喰う!」と言う行動で素材と「会話」してるんです。
「寝かせ何日目だ」「身が甘くなる」「脂が回る」「旨い」「まずい」
刺身になって皿に並べられた鯛を
囲んで皆の意見交換が始まる。
今時、そんな素材と難しい顔して意見を言い合う様子がドキュメント番組放送されたりしてますけど
まさにそれです(笑)
リアルで見ました。
毎日そんなことをして「喰う」事で
素材、人と会話をする。
好みの違いと言うだけで喧嘩にもなる事も….
本物の「職人」ですよ。
自ら漁した物、自ら選び競り落とした
物しか認めない。
「プライド」と「意地」なんです。
その意気込みで僕に電話が一本入る。
素材見ずとも話しだけで「よろしく」と言ってしまえる僕がいる。
実際疑い深くて仕入は足を運んで
触って見てじゃないと買わない僕なんですが….
電話一本で「よろしく」と言えてしまう….

今日確信しました。
自分に関わる人達、
自分と巡りあった素材達に対する
「気持ち」が溺れる程ありふれてます。
そんな思いが一途に詰め込まれた
素材です。
「喰う」のも真剣でした。
「ダメ出し」も真剣。
「魚介を語る」も真剣。
「海を語る」も真剣。
そんな中で「これ、にしかわに持って行け~!」みたいな。
買わないかんですよね(笑)
ていうか、買いたくなります。

ただね、プロ中のプロが「真剣」に
納得したものは、野暮な事言ってはいかんです。商売を越えた想いが込もっていますから。
「不味い訳がない」ですから。
今日も良い素材沢山ありがとうございました。
あとはしっかり仕込んで、ここからは
僕の出番です!