ブログ
6月7日素材情報!(つぶやき)2

imageimageimage

 

最近、旬美にしかわは「美味しい」の上をいく
「食楽」「遊食」「楽しい食」を目指している。
「美味しい」「旨い」は当たり前で
それ以上にかけ離れた
インパクトと楽しさをお客様に伝えていく「食」を考えている。
他店との「比較対象」にもなり「対象外」にもなるお店だ。

ひとつの仕掛けとして地元の漁師兼魚屋さんが当日朝市、夕市で競り落とした鮮魚達をその日の営業中に運び込み当店で熟成、仕事をした「寝かせ物」と、届きたての鮮度ビシビシの食材をお客様自身で食べ比べをして楽しんでもらう。
同じ魚でも「鮮度」と「寝かせ」の味比べが出来るわけだ。
喜ばれるお客様の顔は純粋に子供のようだ。活きたものに自ら触れ、写真、動画、魚屋さんとの会話など皆様々。
こちらも楽しくなる。

そこは以前とは全く違う「にしかわの形」として今現在は定着しつつあります。
これは今現在の「良さ」です。

では反対に….
にしかわは開店してしから
9年目になる。
この9年で培ってきたもの、
乗り越えてきたものがある。
少なからず9年お付きあいしてくれているお客様もいる。
悪い癖が出てしまったんです….
新しい自分の中の「流行りもの」に入り込みすぎて、少ない歴史ですが初心の型、「古き良き」を忘れかけてしまう。あの時の試行錯誤の苦楽を忘れてしまう。
手抜きをしているわけではない。
自分自身の慣れから生じる「油断」です….
これは悪い癖なんです。
先日、当店きっての人気商品
「穴子」なんですがクレーム頂きました。
「前のが旨かった」
「最近違う」との事。
もっと言えば「握りの〆がこれでは….」「穴子が楽しみなのに….」
「みんな思っているんじゃない?」

はぁ~….
ほんとに悔しいですね~
これ、完全に慣れから生じた「油断」ですよ(泣)
「だいたい仕事」です。

最近ちゃんと吟味してなかったな….
しっかり一本一本穴子に話しかけてなかったな….
と、反省してます。
ここが僕の弱いとこです。

全体をバランス良く上げていかないと
せっかくのものが全て台無しにしてしまう。底がぶれると全てがぶれる….
9年の歴史を支えてきた一品にクレームが入った。
目が覚めましたよ。

また、やらかすとこだった….
もう一度初心に帰り「古き良き」を
見つめ直し、新しい事にもチャレンジしていきます!
ご指摘ありがとうございました!
挽回しますね。