ブログ
6月27日素材情報!2

鮨屋の真骨頂と言えば….
「シンコ」と言われております。
最旬が6月半ば~7月いっぱいかな。
出始めの小さな物は本当に一貫に対して5枚から7枚つけます。
一潮毎に大きくなると言われているぐらいです。
実際、シンコらしい味が出てくるのは
2枚~3枚つけでしょうね。
この名古屋の市場に出回るシンコは
主に浜名湖、長崎ですが距離の関係か
断然浜名湖が良いです。
もっと言えば良くも悪くも長崎の物は
シンコにも脂が乗っており腹が溶けてしまう。
長崎で扱うなら最高でしょうな。

シンコの値段はご存じの通り
今日でK30000円と値段をみたら
買えたもんじゃない笑
鮨屋の意地でもありますね。

そのシンコですが、今年から当店で活躍してくれている師崎の魚屋兼漁師さんに「愛知のシンコ」いれてくれるよう頼んでみました。
特殊な目の細かい網での漁になるけど
やってくれるそうです。
出会ってみたいです。
楽しみだな~。
よろしくお願いいたします!

imageimage