ブログ
11月4日つぶやき2

image

「人」について。
これは本当に気をつけなければならない。
悲しい話ですが良くも悪くも
「自分」「関わり方」「関わる人」です。
人とは「与えても見返りを求めない」
「そんなものは無い」だ。
客商売でもそう、「二度と会えない!だから、この今!」の精神が
一人一人に気持ちをぶつけ、励む。

奇跡(リピート)が起きる。
そこに「また来てもらいたい」の
欲張った精神はない。
あくまでも「今」を「為」だけの精神。

万が一を「想定内」にしてとにかく「今」を「為」に尽くす。
今は「自分」、為は「人」だ。
逆の自分の「為」、人に「今」尽くすは駄目だ。
壊れるパターン大です。
いつか寄りかかろう考え方に思える。
「今」「為」は温かく伝わり上手く行く事が多い。無償で邪念がないから。

「為」「今」は上手く伝わらない事が多いです。何処か恩着せがましく上手くいかなきゃ愚痴が出るんです。壊れるんです。

「今」を「為」に生き「想定」が加われば大体の事はびっくりしないと思う。
予測範囲内ですから、あたふたすることも0ではないけど大分和らぐでしょう。駄目なものは駄目と切り捨てることも想定内予測範囲にあるはず。

頼りきった「為」「今」から始まる
関わり方は僕の経験上….
いくら「想定内」を予測しようとも
それ以上のダメージがありました(苦笑)
上手くいかなきゃ「自分のせい」にされ僕も鼻くそを壁に擦り付けるように
また、誰かのせいにして逃げる….

漢字は全く一緒でも順番、思いが違えば全く反対を向く….
そこは立ち止まってでもよく、考え
行動しなければならない。

自分は今、人(友、同志)の為
自分は今、愛する人の為
自分は今、家族の為

自分の為に人(友、同志)を今
自分の為に愛する人を今
自分の為に家族を今

意味が全部変わってしまう。

「今」「為」
無償の為は「貯」に変わる。
望まなくとも「貯」になる。

「為」「今」は….
「溜」になる。

釣れない釣りをしながらこんなこと
考えてました(笑)

いつも何かを自分に問う……。
ここに記す……。
読み返す。自問自答。
ナルシストか?
かもしれない笑

でもいい。

そんな自分になりたくて。

人間、飲食店やっている者として
人として一生修行です。