ブログ
10月19日素材日記2

「おいなりさん」
image

 

鮨屋さんの仕事は魚以外にも
通称「煮物」と呼ばれる仕事が
ある。
魚を使用した素材ならば
穴子、いか、たこ、はまぐり等貝類
魚を使用しない素材ならば
干瓢、椎茸、稲荷、おぼろ等

本日は稲荷を仕込みました。

以外にも人気がある「おいなりさん」

厚焼玉子同様
楽しい仕込みだ。

豆腐屋さんから「中あげ」と
呼ばれる正方形の油揚げを仕入れ
一回で10枚~20枚仕込む。

甘く仕上がった、おいなりさんは
山葵、胡麻、大葉と相性が良く
つまみでも注文が入ります。

江戸前、魚中心の仕事が最近のブーム
江戸前とは少し離れる「いなり寿司」
ですが外せない一品です。

その点、干瓢は江戸前の仕事で
仕込むお店も多いですよね。

おいなりさんは、たまに聞くぐらいかな。

らしさを追求するにやはり
仕込み続けたいですね。

よろしくお願いいたします。